中咽頭癌

《疫学》
中咽頭は頭頸部管腔癌の中では、多くの種類の悪性腫瘍が発生する。最も頻度の高い扁平上皮癌は、男性に多く(男女比5:1)、60歳代にピーク。中・下咽頭の扁平上皮癌の要因として、酒・タバコが最も強い因果関係をもつ。
《転移》
比較的早期に中深頸リンパ節転移を来す。
《診断》
視・触診で診断し、生検で確信をつける。
《治療》
小唾液腺から出る腺由来の癌を除けば、多くの場合、機能温存療法として、まず、放射線治療が行われる。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…