最新の記事

眼脂(めやに)

結膜や涙嚢の炎症のほか、鼻涙管の疾患でも起こりうる。ウイルス性結膜炎では漿液性、細菌性結膜炎では膿性となる。眼脂を大量に認める疾患としては、慢性涙囊炎、細菌性結膜炎、先天性鼻涙管閉塞症、クラミジア結膜 ... 続きを読む

最終更新日: 2017-11-01 00:01:45

角膜混濁

炎症、変性、沈着物、瘢痕組織により角膜の透明性が失われた状態をいう。角膜混濁を認める疾患としては、水疱性角膜症、角膜ジストロフィー、単純ヘルペス角膜炎、細菌性角膜潰瘍などがある。 ... 続きを読む

最終更新日: 2017-11-01 00:01:18

複視

物が二重に見える状態をいう。臨床眼球運動麻痺によって起こるものの他に、吹き抜け骨折(外眼筋の絞扼などによる垂直方向での複視)や眼球偏位などが挙げられる。複視をきたす疾患としては、動眼神経麻痺、滑車神経 ... 続きを読む

最終更新日: 2017-11-01 00:00:53

昼盲

暗所よりも明所で視力が悪い状態をいう。原因として、角膜や水晶体の混濁、全色盲、錐体ジストロフィーといった錐体機能障害が挙げられる。明所では縮瞳が起こるため、瞳孔領に混濁があると、よく物が見えなくなる。 ... 続きを読む

最終更新日: 2017-10-31 23:59:53

羞明

通常では苦痛にならない程度の光を、異常にまぶしく感じる状態である。羞明をきたす原因としては、光量の調節障害、光に対する敏感性亢進、先天的な原因がある。光量の調節障害をきたす原因としては、白内障、散瞳薬 ... 続きを読む

最終更新日: 2017-10-31 23:59:22

注目の記事

網膜色素上皮

網膜色素上皮;retinal pigment epithelium: RPE: 色素上皮 視細胞のメンテナンスに重要な細胞で、いわゆるブルフ膜を基底膜とする単層の立方上皮細胞であり、相互間はtight junctionで結合されている。視細胞は人体の中で最も酸素消費量の多い組織といわれているが、その ... 続きを読む

最終更新日: 2006-10-30 05:19:30

dermoid cyst(成熟嚢胞性奇形腫)

≪概念≫ dermoid cystは成熟した三胚葉成分から構成される。嚢胞は重曹扁平上皮でできた強靭な嚢胞壁で覆われ、正常卵巣とは明確に区別される。嚢胞の一部は皮脂、毛髪、歯牙、骨、軟骨、神経組織、甲状腺などの組織が結節を作って嚢胞内に突出する。 ≪疫学≫ 胚細胞腫瘍は卵巣腫瘍の25%を占 ... 続きを読む

最終更新日: 2011-02-28 17:42:12

ノックアウトマウス

概略 ある遺伝子の欠損マウス。最初から特定遺伝子の機能を欠失させたノックアウトマウスと、特異プロモーター下に目的遺伝子を切り出す酵素を発現させることにより(Cre recombinase & LoxPのシステム)発生の一定時期あるいは組織特異的に遺伝子欠損を誘導するfunctional k ... 続きを読む

最終更新日: 2007-12-05 15:05:39