最新の記事

口腔内扁平苔癬

表皮基底細胞に対するT細胞性の自己免疫反応が生じるために起こること考えられているが、はっきりとした原因は不明である。降圧剤、血管拡張剤などの服用者に多い。局所的には義歯や金属冠が刺激となること ... 続きを読む

最終更新日: 2016-11-23 20:08:27

顎骨骨髄炎

ブドウ球菌、連鎖球菌、そのほかの病原菌の感染による骨髄、ハバース管の炎症であるが、同時に胴部の骨膜にも炎症が波及する、コツ髄腔や骨膜下における膿汁の貯留のため、骨組織の循環障害をきたし、病変が ... 続きを読む

最終更新日: 2016-11-23 19:44:42

真珠腫性中耳炎

角化扁平上皮の層状集積物(真珠腫)が中耳内で骨破壊性に増強し、そこに感染が加わることで生じる膿性耳漏や骨破壊に基づく諸症状をきたす疾患である。原因としては、耳管狭窄症や、滲出性中耳炎に続発する後天性の ... 続きを読む

最終更新日: 2016-11-14 23:53:35

滲出性中耳炎

中耳腔に浸出液が貯留するため、難聴・耳閉塞感などを呈する疾患である。原因として、耳管狭窄(アデノイド増殖症(小児)、上咽頭癌(中高年)など)、アレルギー、急性中耳炎の不適切な治療などがある。好発年齢は ... 続きを読む

最終更新日: 2016-11-14 23:36:04

慢性中耳炎

急性中耳炎が慢性化し、伝音難聴や耳漏をきたす疾患である。慢性中耳炎の原因としては、含気蜂炎の発育抑制、緑膿菌・耐性菌(MRSAなど)の混合感染、糖尿病などによる宿主の免疫力低下などが挙げられる。鼓膜穿 ... 続きを読む

最終更新日: 2016-11-14 23:23:50

注目の記事

Medipedia

Invest your knowledge   ~the more you offer, the more you gain ~ Medical Venture Conference, Japan ... 続きを読む

最終更新日: 2006-10-28 01:35:08

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代別には、60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障による視力低下 ... 続きを読む

最終更新日: 2010-01-13 00:27:53

小口病

1907年、日本の眼科医小口忠太によって報告された先天停止性夜盲の一型。 常染色体劣性遺伝を呈する。 先天停止性夜盲と言われるように、他の障害を伴わない夜盲が症状である。 夜間でも十分な明かりのある現代社会では、気づかずに生活していることもしばしばある。 特徴ははげた金箔様などといわれる特徴的な眼底 ... 続きを読む

最終更新日: 2006-09-11 03:40:19