最新の記事

膜性腎症

腎生検による光学顕微鏡所見で、糸球体係蹄壁の肥厚とスパイク形成がみられる疾患である。蛍光抗体法所見では係蹄壁に沿って主にIgGの沈着がみられる。ネフローゼ症候群を呈することが多く、緩徐に進行する。自然 ... 続きを読む

最終更新日: 2016-07-30 14:29:41

ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群は高度の蛋白尿を基本的な病態とし、浮腫、低蛋白血症、高コレステロール血症を呈する疾患群の総称である。診断基準として、蛋白尿が3.5g/日以上が持続すること(随時尿において尿蛋白/尿クレ ... 続きを読む

最終更新日: 2016-07-30 14:29:02

腹圧性尿失禁

くしゃみなどの腹圧上昇時に、膀胱内圧が尿道閉鎖圧を上回ることで、尿の漏出が起こる状態のことである。出産や加齢に伴う骨盤底筋群の脆弱化と尿道自体の閉鎖機能の低下により生じる。多産婦や中高年女性に好発し、 ... 続きを読む

最終更新日: 2016-07-30 13:49:58

前立腺肥大症

加齢に伴う前立腺移行領域の腺上皮および間質細胞の過形成(前立腺肥大)によってかぶ尿路閉塞が生じ、様々な下部尿路症状(残尿感、頻尿、尿意切迫感、夜間頻尿、尿勢低下、尿閉など)を呈するようになった状態であ ... 続きを読む

最終更新日: 2016-07-30 13:49:15

WPW症候群

心房と心室とを直接に連絡する副伝導路(Kent束)が存在し、心室の早期興奮が生じる病態であり、房室回帰頻拍(AVRT)や心房細動(AF)を引き起こす。副伝導路の存在する部位により、A型、B型、C型の3 ... 続きを読む

最終更新日: 2016-07-19 12:51:19

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代別には、60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障による視力低下 ... 続きを読む

最終更新日: 2010-01-13 00:27:53

幽門側胃切除術

幽門側胃切除術の適応は術前診断でN0(リンパ節転移なし)のStageⅠAで胃の中部(M)下部(L)に存在する胃癌が適応となる。正中切開にて上腹部開腹し、転移の有無を確認するため、膀胱直腸窩、左横隔膜下にて洗浄細胞診。横行結腸中央部から大網を右方に切離し、右胃大網動静脈を結紮。次に肝十二指腸間膜を切離 ... 続きを読む

最終更新日: 2011-01-31 00:33:46

Medipedia

Invest your knowledge   ~the more you offer, the more you gain ~ Medical Venture Conference, Japan ... 続きを読む

最終更新日: 2006-10-28 01:35:08