千日回峰行

天台宗延暦寺で行なわれる仏教の修行方法。深夜から明け方にかけて比叡山中の堂塔などを巡拝し、1000日間で4万キロを歩く。2007年10月12日の未明、延暦寺大乗圓の星野圓道住職(32)は、9日間水と食事を断って不動明王の真言を10万回唱え続ける堂入りを開始した。6年ぶり戦後12人目となる。断食などの苦行を釈迦は自らの体験を通じて否定している。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…