千日回峰行

天台宗延暦寺で行なわれる仏教の修行方法。深夜から明け方にかけて比叡山中の堂塔などを巡拝し、1000日間で4万キロを歩く。2007年10月12日の未明、延暦寺大乗圓の星野圓道住職(32)は、9日間水と食事を断って不動明王の真言を10万回唱え続ける堂入りを開始した。6年ぶり戦後12人目となる。断食などの苦行を釈迦は自らの体験を通じて否定している。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…