家族性腺腫性ポリポーシス

上皮の腺腫から形成されるポリポーシスで、常染色体優性遺伝でAPC欠損による。
20-30代に好発。主に大腸に病変があり、血便が見られる。大腸がんになることが非常に多いため全大腸切除する。

注目の記事

幽門側胃切除術

幽門側胃切除術の適応は術前診断でN0(リンパ節転移なし)のStageⅠAで胃の中部(M)下部(L)に存在する胃癌が適応となる。正中切開にて上腹部開腹し、転移の有無を確認するため、膀胱直腸窩、左横隔膜下 …続きを読む…