骨髄腫腎

[概念]
腫瘍性形質細胞によって産生された軽鎖が、尿細管から分泌されたTamm-Horsfall蛋白と結合し、尿細管内で凝集し尿細管閉鎖を起こしたもの。

[疫学]
多発性骨髄腫に本症を合併する頻度は5~10%。

[症状]
尿量減少、腎不全症状が主体。

[検査]
Bence Jones蛋白の検出。

[治療]
多発性骨髄腫の治療が基本となる。
その他、Bence Jones蛋白の尿細管毒性軽減を目的とした尿のアルカリ化、輸液・利尿薬による尿量増加など。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…