かかりつけ医

日本医師会が提唱する概念で、なんでも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、必要なときには専門医や専門医療機関を紹介できる医師。乳幼児から後期高齢者までを対象とし、地域医療を担うことが求められる。診療報酬は、外来は出来高払い、入院も基本的には出来高払い。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…