原発開放隅角緑内障

病態

隅角鏡的に開放隅角であるにもかかわらず、22mmHg以上に眼圧が上昇して、緑内障性視神経萎縮とそれに一致した視野障害を起こす疾患。

臨床像

40才以上に多く、我が国での有病率は0.58%とされ、緑内障全体の約16%を占める。

検査

眼底検査(視神経乳頭)

眼圧測定

網膜神経繊維層厚(RNFL Thickness)測定(GDx、光干渉断層計(OCT)などを用いて)

視野検査(動的、静的視野検査)

治療

『目標眼圧』を設定して、点眼、手術などにより眼圧をコントロールする。

合併症

開放隅角緑内障は近視や糖尿病と関連があるとの報告が多いが、詳細は不明である。

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…