救急医療のABC

救急医療のABC

救急医療の基本的な介入順序として重要なのが、

Airway management 気道確保

Breathing support 呼吸補助

Circulation stabilization 循環安定

の3点である。救急外来を救急車または徒歩で受診した人に対して、無意識的にこのABCが実践できるようになるまで反復する過程を経て救急医が養成される。

ちなみに救急医療のウラABCというものもあり、

Another doctor 別の医者を呼ぶ

Behind the curtain カーテンの裏に隠れる

Call nurses 看護師を呼びまくる

というものである。これも、ただ黙って何もしないよりは患者の利益に貢献する行動であり、オモテABCと合わせて習得することが望ましい。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…