コレステロール塞栓

【概念】 粥状動脈硬化症例におけるカテーテルなどの血管内操作により動脈壁粥腫が破綻し、コレステロール結晶が末梢に散布される結果、皮膚、腎、消化管、中枢神経系などに塞栓を生じて組織循環不全をきたす病態。

【検査】補体↓、 好酸球↑が重要

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…