コレステロール塞栓

【概念】 粥状動脈硬化症例におけるカテーテルなどの血管内操作により動脈壁粥腫が破綻し、コレステロール結晶が末梢に散布される結果、皮膚、腎、消化管、中枢神経系などに塞栓を生じて組織循環不全をきたす病態。

【検査】補体↓、 好酸球↑が重要

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…