消化管カルチノイド

【概要】
カルチノイドは原腸系内分泌細胞由来の腫瘍であり、70%以上が消化管原発である。

【疫学】
カルチノイドの好発部位としては、直腸・結腸・胃・十二指腸が挙げられる。

【症状】
半数以上は無症状のことが多く、症状を有する例のほとんどにリンパ節転移や肝転移が見られる。検診の普及により内視鏡検査で偶然発見されることが多くなった。

【治療】
悪性である可能性も考え、カルチノイドの広範な切除とリンパ節郭清が行われる。根治的な薬物療法はまだ確立されていない。予後が良好な場合が多い。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…