Peutz-Jeghes

粘膜筋版の過誤腫によるポリポーシスで、常染色体優性遺伝。
10-20代に好発する。
食道以外に病変が見られ、特に小腸が多い。血便が見られる。
口と指に色素沈着が見られる。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…