ネコひっかき病

ネコにひっかかれたり、かまれたりした数週間後、皮膚に赤色丘疹、その後数週間で所属リンパ節の腫脹を生じる。

急性濾胞性結膜炎を伴うものを、Parinaud眼腺症候群という。

結膜潰瘍を生じる。

 

原因菌はBartonella henselaeが多い。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…