hMG-hCG療法

排卵障害のある女性に対する排卵誘発法であり、現在これを用いて体外受精・胚移植が行われている。
hMG(ヒト閉経期ゴナドトロピン)はFSH製剤であり、卵胞を発育させる。hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)はLH作用を持っており、排卵を誘発する。
副作用として多胎、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)などがある。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…