hMG-hCG療法

排卵障害のある女性に対する排卵誘発法であり、現在これを用いて体外受精・胚移植が行われている。
hMG(ヒト閉経期ゴナドトロピン)はFSH製剤であり、卵胞を発育させる。hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)はLH作用を持っており、排卵を誘発する。
副作用として多胎、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)などがある。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…