貝原益軒

貝原 益軒

かいばら えきけん(1630-1714)

江戸時代の儒学者。福岡藩に生まれ、京都で朱子学を学ぶ。帰藩後朝鮮通信使との折衝を担当した。幼少のころから読書家で博識であったが、書物だけにとらわれず自らの見聞によってその真偽を確かめると言う実証主義的な精神を備えていた。また広い社会貢献性を目指し、著書の多くは平易な文体で多くの一般人にも理解ができるように書かれている。70歳で官職を退き、著述業に専念し、多くの著書を残した。代表作は医学書の養生訓、道徳書の五常訓、思想書の大擬録、紀行文の和州巡覧記。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…