冠動脈バイパスグラフト術(coronary artery bypass graft:CABG)

≪概念≫

冠動脈の狭窄に対し、末梢と大動脈をバイパスでつなぎ、末梢血流を確保する手法。

≪グラフト≫

使用されるグラフトには、左内胸動脈、右胃大網動脈、橈骨動脈、大伏在静脈等が用いられる。動脈の方が長期開存率は高い。

≪適応≫

高度な三枝病変、左冠動脈主幹部狭窄

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…