冠動脈バイパスグラフト術(coronary artery bypass graft:CABG)

≪概念≫

冠動脈の狭窄に対し、末梢と大動脈をバイパスでつなぎ、末梢血流を確保する手法。

≪グラフト≫

使用されるグラフトには、左内胸動脈、右胃大網動脈、橈骨動脈、大伏在静脈等が用いられる。動脈の方が長期開存率は高い。

≪適応≫

高度な三枝病変、左冠動脈主幹部狭窄

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…