角膜脂肪変性

角膜輪部結膜血管からの脂肪漏出増加、脂肪代謝異常による角膜混濁。 ほとんどが続発性。角膜潰瘍、外傷、角膜炎、角膜ヘルペスなどに続発する。

【所見】 原発性は角膜中央部に黄白色の混濁。新生血管はみとめない。 続発性は新生血管をみとめ、角膜混濁とともに、角膜瘢痕も認める。 辺縁部にはけばだったコレステロール結晶を認める。

【治療】 角膜移植。ただし、移植後も再発する。

注目の記事

頸椎症の方への注意点

頸椎症の方への注意点 首の骨(頸椎)が悪い人には、肩こり、頭痛、手のしびれ、手の力の低下などさまざまな症状が出てきます。 首の骨が悪いと言われた人は、今より症状を悪くしないために、日常生活で次のような …続きを読む…