外来主治医

75歳以上の後期高齢者に対して割り当てられる制度。厚生労働省が2008年4月に導入を予定している。患者一人に一人の主治医とし、高齢者が複数の医療機関に受診することを抑制し、医療費削減に繋げることを目的とする。資格は、高齢者の日常生活能力を判定する機能評価演習など4日間程度の研修を受け、厚生労働省に届け出た医師に付与される。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…