外来主治医

75歳以上の後期高齢者に対して割り当てられる制度。厚生労働省が2008年4月に導入を予定している。患者一人に一人の主治医とし、高齢者が複数の医療機関に受診することを抑制し、医療費削減に繋げることを目的とする。資格は、高齢者の日常生活能力を判定する機能評価演習など4日間程度の研修を受け、厚生労働省に届け出た医師に付与される。

注目の記事

dermoid cyst(成熟嚢胞性奇形腫)

≪概念≫ dermoid cystは成熟した三胚葉成分から構成される。嚢胞は重曹扁平上皮でできた強靭な嚢胞壁で覆われ、正常卵巣とは明確に区別される。嚢胞の一部は皮脂、毛髪、歯牙、骨、軟骨、神経組織、 …続きを読む…