四環系抗うつ薬

四環構造を持つ抗うつ薬は全般に抗コリン系副作用が比較的軽度である。

マブロチリンはノルアドレナリン再取り込み阻害作用が主作用である。
ミアンセリンは再取り込み阻害作用は弱いが、ノルアドレナリンの放出を抑制しているシナプス前α2受容体を遮断する作用がある。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…