ぶどう膜炎

分類

1、内因性(ベーチェット病、サルコイドーシス、原田病、悪性リンパ腫など)

2、外因性(トキソプラズマ症、トキソカラ症、単純ヘルペス、水痘帯状疱疹ウイルス、結核、術後眼内炎など)

治療

1、前眼部の炎症に対して

ステロイド点眼、瞳孔管理。

2、後眼部の炎症に対して

全身療法:ステロイドパルス療法(主に原田病) ステロイド内服(サルコイドーシス) 

眼ベーチェットでは、ステロイドの全身投与は禁忌。(眼ベーチェットに対して抗TNFα抗体療法の治検中)

局所療法:トリアムシノロン硝子体、テノン嚢下投与。ステロイド徐放強膜プラグ(治験中)

手術療法:硝子体混濁と黄斑浮腫に対して硝子体手術が施行される。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…