ぶどう膜炎

分類

1、内因性(ベーチェット病、サルコイドーシス、原田病、悪性リンパ腫など)

2、外因性(トキソプラズマ症、トキソカラ症、単純ヘルペス、水痘帯状疱疹ウイルス、結核、術後眼内炎など)

治療

1、前眼部の炎症に対して

ステロイド点眼、瞳孔管理。

2、後眼部の炎症に対して

全身療法:ステロイドパルス療法(主に原田病) ステロイド内服(サルコイドーシス) 

眼ベーチェットでは、ステロイドの全身投与は禁忌。(眼ベーチェットに対して抗TNFα抗体療法の治検中)

局所療法:トリアムシノロン硝子体、テノン嚢下投与。ステロイド徐放強膜プラグ(治験中)

手術療法:硝子体混濁と黄斑浮腫に対して硝子体手術が施行される。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…