急性呼吸窮迫症候群(ARDS:acute respiratory distress syndrome)

〈概念〉

何らかの侵襲により急激に発症する血管透過性亢進型の肺水腫。

高度の低酸素血症をきたす。

根本的治療はいまだなく、死亡率は4060%と高い。

敗血症などを原因として発症することが多い。

〈誘因〉

敗血症、重症外傷、胃内容物の誤嚥

〈症状〉

急激に進行する呼吸困難、過去急、チアノーゼ

〈検査〉

聴診;両側びまん性に水泡音(coarse crackle

胸部Xp:肺野全体に両側びまん性浸潤影(肺水腫)

動脈血ガス:PaO2↓↓、A-aDO2開大(低酸素血症、Ⅰ型呼吸不全)、PaCO2↓(呼吸性アルカローシス)

〈治療〉

低酸素血症の改善が基本

まずPEEPをかけて酸素投与を行う。

利尿薬を投与し、輸液を制限する。

基礎疾患の治療を行う(敗血症の場合、抗菌薬を投与する)。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…