Duchenne型筋ジストロフィー

≪病態≫
ジストロフィン蛋白の合成に障害があり、近位筋優位に筋委縮、筋力低下がみられる。
小児(2~4歳ごろ)に発症し、X染色体劣性遺伝の形をとる。
進行性筋ジストロフィーの60パーセントを占める。

≪症状≫
動揺性歩行、脊椎側弯症、Gowers徴候、腓腹筋の仮性肥大

≪治療≫
根本的治療法は見つかっていない。
関節の拘縮、筋肉の廃用性萎縮を防ぐためのリハビリテーション。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…