Duchenne型筋ジストロフィー

≪病態≫
ジストロフィン蛋白の合成に障害があり、近位筋優位に筋委縮、筋力低下がみられる。
小児(2~4歳ごろ)に発症し、X染色体劣性遺伝の形をとる。
進行性筋ジストロフィーの60パーセントを占める。

≪症状≫
動揺性歩行、脊椎側弯症、Gowers徴候、腓腹筋の仮性肥大

≪治療≫
根本的治療法は見つかっていない。
関節の拘縮、筋肉の廃用性萎縮を防ぐためのリハビリテーション。

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…