Duchenne型筋ジストロフィー

≪病態≫
ジストロフィン蛋白の合成に障害があり、近位筋優位に筋委縮、筋力低下がみられる。
小児(2~4歳ごろ)に発症し、X染色体劣性遺伝の形をとる。
進行性筋ジストロフィーの60パーセントを占める。

≪症状≫
動揺性歩行、脊椎側弯症、Gowers徴候、腓腹筋の仮性肥大

≪治療≫
根本的治療法は見つかっていない。
関節の拘縮、筋肉の廃用性萎縮を防ぐためのリハビリテーション。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…