結膜下出血

血管の走行とは関係なく、結膜全体を塗りつぶしたように鮮血色が広がる。
外傷、出血性血液疾患、急性出血性結膜炎などで起こるが、原因がはっきりしないことも多い。
いかに原因をあげる。
外傷:眼打撲など
急性結膜炎:急性出血性結膜炎、流行性角結膜炎
全身性疾患:動脈硬化、高血圧、糖尿病、腎炎、出血性素因(貧血、白血病、紫斑病など)
急性熱性疾患:インフルエンザ、麻疹、ジフテリア、猩紅熱、発疹チフス、マラリア、くしゃみ、その他:いきみ、咳、飲酒、眼周囲の圧迫(水中マスクなど)、月経
治療は、1〜2週間で徐々に吸収されるため、基本的には経過観察を行う。

注目の記事

幽門側胃切除術

幽門側胃切除術の適応は術前診断でN0(リンパ節転移なし)のStageⅠAで胃の中部(M)下部(L)に存在する胃癌が適応となる。正中切開にて上腹部開腹し、転移の有無を確認するため、膀胱直腸窩、左横隔膜下 …続きを読む…