非対称性緊張性頸反射

原始反射の1つで、妊娠38、40週に現れ、生後2、3ヶ月で消失する、
非検児を仰臥位で寝かせ、頭部を片方に向けると、その側の腕または足を伸展する。頭部を向けていない方向の腕は屈曲する。fencing postureとも呼ばれる姿勢となる。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…