脂肪塞栓症候群

[概念]
骨折等の損傷部の脂肪が血流に入り他臓器に塞栓を来す症候群。
特に大腿骨骨折と骨盤骨折で起こしやすい。
骨折後2~3日で発症する。

[症状]
頭痛、点状出血、精神症状、PaO低下

[検査]
胸部X線上、雲状陰影 

[治療]
酸素投与と呼吸管理。

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…