腸重積

≪病態≫
口側腸管が肛門側腸管に入り込んで腸管を閉塞する。
同時に腸管を栄養する血管も血液が流れなくなり、腸管の血行障害をきたす絞扼性イレウスとなる。

≪症状≫
突然の腹痛、イチゴゼリー状粘血便、胆汁性嘔吐

≪治療≫
発症後24時間以内の場合、高圧浣腸により非観血的整復術を行う。
発症後24時間以後では、腸管細胞が壊死し、腸管穿孔の危険があるため禁忌となる。
発症後24時間以後の場合や、整復術で改善されない場合は外科的にHutchinson手技を行う。
Hutchinson手技では肛門側から腸管を順に押し出していく。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…