クラミジア結膜炎

トラコーマはChlamydia trachomatisによる結膜炎で、結膜と角膜を侵すが、現在日本では激減している。
最近では、STDとして発症し、トラコーマとは異なる型のtrachomatis の血清で発症する封入体結膜炎が増加している。

臨床


  • 封入体結膜炎では、急性濾胞性結膜炎の形をとり、
  • 多量の膿性眼脂と耳前リンパ節の腫脹・圧痛を認める。
  • 封入体結膜炎は産道感染によって新生児に感染することがあるが、リンパ組織が未熟なために、濾胞形成、耳前リンパ節の腫脹はみられない。

診断


  • 結膜擦過塗抹標本May-Giemsa染色にて封入体(Prowazek小体)が認められる。
  • 近年では、抗原検出用の診断キットを用いることが多い。

治療


  • テトラサイクリン系、マクロライド系、キューキノロン系の点眼を行う。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…