山中伸弥

やまなかしんや

医師・再生医学研究者

(1962-)

神戸大学医学部を卒業後、整形外科医として勤務。大阪市立大学大学院で基礎研究の道に入る。科学雑誌の募集広告に応募し、米国の研究所に留学、再生医学の研究に専念した。2007年11月、人の皮膚から万能細胞を作ることに成功し、京都大学再生科学研究所を世界最先端の水準に高めた。2008年1月には京都大学iPS細胞研究センター所長に就任し、日本全体の再生医学の臨床応用の中心的人物となった。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…