自然気胸

≪病態≫
肺胸膜と壁側胸膜の間に空気が貯留した状態のうち、外傷や医原性などの外因なく起こったもの。
基礎疾患のない突発性と、何らかの疾患に起因する続発性とがある。
突発性気胸は、ほとんどがブレブの破裂に起因するものであり、20歳前後の細身体型の男性に好発する。
続発性気胸は慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺癌、肺結核などにより、胸膜に生じた炎症の修復過程で、胸膜に弱い部分が破れて気胸を起こす。
また、気胸のうち、破れた穴が弁のようになり、胸腔内に空気が蓄積し続けるもの(チェックバルブ現象)を緊張性気胸と呼ぶ。緊張性気胸ではガスが患側肺のみならず、縦隔を健側に偏位させ、肺静脈を圧迫することにより、急性心不全を引き起こすことがあ。

≪症状≫
突然の胸痛と呼吸困難、乾性咳嗽がみられる。

≪治療≫
軽症例では安静にて自然回復。20%以上の肺虚脱が見られる場合は胸腔ドレナージや胸腔穿刺にて脱気を行う。
緊張性気胸に対しては、PEEPは禁忌である。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…