閉じ込め症候群

  • 意識清明であり、発語の障害があるが、眼球の垂直運動、眼瞼開閉でのみ意思の疎通が可能である状態をさす。
  • 橋底部の障害(梗塞など)により、四肢麻痺、下位脳神経の麻痺をきたすことが原因である。
  • 純粋な運動障害で、感覚系は正常であるため、痛みを感じてもそれを表現し難いという特徴がある。

注目の記事

幽門側胃切除術

幽門側胃切除術の適応は術前診断でN0(リンパ節転移なし)のStageⅠAで胃の中部(M)下部(L)に存在する胃癌が適応となる。正中切開にて上腹部開腹し、転移の有無を確認するため、膀胱直腸窩、左横隔膜下 …続きを読む…