麦粒腫(ものもらい)

睫毛根部にあるMoll腺、Zeis腺の急性化膿性炎症を外麦粒腫、眼瞼後縁にあるMeibom腺の急性化膿性炎症を内麦粒腫という。
主な原因菌は黄色ブドウ球菌である。

症状


  • 眼瞼縁近くの皮膚が発赤·腫脹し、疼痛を訴える。
  • 外麦粒腫では眼瞼の皮膚側から症状の確認が可能だが、内麦粒腫では瞼をめくって結膜側からの観察が必要である。

治療


  • 抗菌薬の内服、点眼を行う。
  • 症状が著しい場合は切開排膿する。

注目の記事

幽門側胃切除術

幽門側胃切除術の適応は術前診断でN0(リンパ節転移なし)のStageⅠAで胃の中部(M)下部(L)に存在する胃癌が適応となる。正中切開にて上腹部開腹し、転移の有無を確認するため、膀胱直腸窩、左横隔膜下 …続きを読む…