フリクテン性角結膜炎

フリクテン性角結膜炎

輪部付近の角膜、結膜に生じる、限局性の炎症。

≪症状≫ 異物感や痛み、充血が気になるなど。

≪原因≫ ブドウ球菌、真菌などに対する遅延型アレルギー

≪所見≫ 角膜輪部付近の結膜に限局性の充血が生じる。中央部分が隆起し、数日で中心が陥没したようになる。

≪治療≫ 自然治癒も多いが、繰り返すことも多い。 抗生物質、ステロイド点眼。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…