多発性軟骨炎

多発性軟骨炎

眼の強膜炎をおこす疾患の一種。本疾患の病因としてⅡ型コラーゲン、その他の軟骨成分に対する抗体や種々の自己抗体の関与が考えられるが、不明な点が多い。

臨床症状

耳症状:耳介軟骨炎(80%以上) ※眼症状を初発とする場合は10%(耳介軟骨炎より眼症状が先行した場合、初期診断は困難である。) 「強膜炎をみれば、耳をみる」という臨床的な習慣が重要である。

予後

8年生存率は94%(気管閉塞等)

治療

ステロイドや免疫抑制剤の全身投与。通常はステロイドのみで症状が改善することが多い

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…