Howell-Jolly 小体

赤血球あるいは赤芽球内の辺縁に認められる円形で紫赤色の塩基性小体。幼若期の赤血球内の核が、成熟に伴い消失する際に残った核の遺残物であると考えられている。一般に赤血球再生像、脾臓の機能低下を示唆する。


【参考文献】
Up To Date:Evaluation of the blood smear.Sep 21, 2015.
Author:David S Rosenthal, MDSection

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…