Lesch-Nyhan syndrome

ヒポキサンチン―グアニンホスホリポシルトランスフェラーゼ(HGPRT)欠損による、伴性劣性遺伝疾患。

2~3歳から自傷行為や攻撃的な行動が見られる。
たった1酵素の欠損で極端な行動異常をきたすことは精神医学に重要な意味を持つ。

血中尿酸値が高いため、腎結石、痛風の症状がある。
De novo経路によるプリン合成速度の上昇、尿酸塩の過剰産生が見られる。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…