Parkinson病

≪病態≫
線条体におけるドーパミン不足と相対的なアセチルコリンの増加によると考えられている。

≪症状≫
以下の4大徴候を特徴とする。
①無動:動きが遅い、仮面様顔貌
②筋固縮:筋を他動的に動かすとか
③静止時振戦:手のふるえ
④姿勢反射障害:前傾、前屈姿勢、押すと倒れやすい

≪治療≫
薬物によるドーパミン補充療法が第一選択となる。
ドーパミン前駆体(レボドパ)、ドーパミン受容体作動薬(ブロモクリプチン)などがある。

注目の記事

幽門側胃切除術

幽門側胃切除術の適応は術前診断でN0(リンパ節転移なし)のStageⅠAで胃の中部(M)下部(L)に存在する胃癌が適応となる。正中切開にて上腹部開腹し、転移の有無を確認するため、膀胱直腸窩、左横隔膜下 …続きを読む…