Parkinson病

≪病態≫
線条体におけるドーパミン不足と相対的なアセチルコリンの増加によると考えられている。

≪症状≫
以下の4大徴候を特徴とする。
①無動:動きが遅い、仮面様顔貌
②筋固縮:筋を他動的に動かすとか
③静止時振戦:手のふるえ
④姿勢反射障害:前傾、前屈姿勢、押すと倒れやすい

≪治療≫
薬物によるドーパミン補充療法が第一選択となる。
ドーパミン前駆体(レボドパ)、ドーパミン受容体作動薬(ブロモクリプチン)などがある。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…