高尿酸血症

≪病態≫

プリン体代謝異常。

高尿酸血症で必ず痛風発作が起きるわけではない。

 

 

≪全身症状≫

急性関節炎発作。40歳以上の男性に多い。

尿路結石による血尿、腎疼痛。慢性になると、関節の変形、痛風結節。

 

 

≪眼症状≫

瞼裂斑、強膜の痛風結節沈着。角膜上皮に尿酸結晶。

星状硝子体症。眼圧上昇。

 

 

≪診断≫

関節液、痛風結節の尿酸塩結晶。血清尿酸高値。

関節炎発作、痛風結節。などから診断。

 

 

≪治療≫

プリン制限。

発作時にはコルヒチン投与。

尿酸排泄薬、尿酸生成阻害薬。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…