VitaminA欠乏症

≪病態≫ VitaminAは、眼表面の上皮の分化に必須で、欠乏すると上皮分化障害が発生する。主に、角化する。 発展途上国では「角膜軟化症」として、非常に問題。 先進国では、アルコール中毒などに発生するものがある。

≪症状、所見≫ 眼症状は夜盲にはじまる。ドライアイなどが続き、角結膜の角化病変へと進み、角膜障害が高度になる。進行すると、角膜実質壊死が生じ、角膜軟化症となる。

≪治療≫ VitaminAの摂取。約1週間続ける。脂溶性ビタミンのため、過剰投与に注意する。 軽症:5000単位/day 重症:20000~50000単位/day

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…