VitaminA欠乏症

≪病態≫ VitaminAは、眼表面の上皮の分化に必須で、欠乏すると上皮分化障害が発生する。主に、角化する。 発展途上国では「角膜軟化症」として、非常に問題。 先進国では、アルコール中毒などに発生するものがある。

≪症状、所見≫ 眼症状は夜盲にはじまる。ドライアイなどが続き、角結膜の角化病変へと進み、角膜障害が高度になる。進行すると、角膜実質壊死が生じ、角膜軟化症となる。

≪治療≫ VitaminAの摂取。約1週間続ける。脂溶性ビタミンのため、過剰投与に注意する。 軽症:5000単位/day 重症:20000~50000単位/day

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…