RNAi用データーベース

概要

遺伝子発現を抑制するRNA干渉(RNAi)を、細胞、個体レベルの蛋白質の人工的な発現調節に利用するためにさまざまな知識が蓄積されてきている。 各種試薬メーカーが、このRNAiに利用できるシークエンスのデザインや既に存在するRNAi用シークエンスのデーターベースを公開している。現在のところは動物実験への応用しかできないが、将来的にはこのようなものも実験的な治療に応用できるようになるのであろう。興味深いものである。

Dharmacon

Ambion

invitrogen

が有名。

あとこのようなものも(SIGMAと関連?)

RNAi consortium

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…