RNAi用データーベース

概要

遺伝子発現を抑制するRNA干渉(RNAi)を、細胞、個体レベルの蛋白質の人工的な発現調節に利用するためにさまざまな知識が蓄積されてきている。 各種試薬メーカーが、このRNAiに利用できるシークエンスのデザインや既に存在するRNAi用シークエンスのデーターベースを公開している。現在のところは動物実験への応用しかできないが、将来的にはこのようなものも実験的な治療に応用できるようになるのであろう。興味深いものである。

Dharmacon

Ambion

invitrogen

が有名。

あとこのようなものも(SIGMAと関連?)

RNAi consortium

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…