アナフィラキシー

Ⅰ型アレルギー反応がおこって粘膜浮腫、気管支攣縮、血圧低下を引き起こし、急速に呼吸停止、意識消失、けいれんを引き起こす。
≪原因≫
ハチ刺され
薬剤:抗菌薬、造影剤、抗癌剤など
≪治療≫
薬剤性が疑われる場合、投与中止。
重篤な例に対してはエピネフリン(ボスミン)の皮下注を行う。
原因物質投与後15分以内に起こることが多いが、2日以内に症状発現する遅発性アナフィラキシーショックも存在する。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…