アルカプトン尿症

≪病態≫ホモチゲンジン酸酸化酵素の欠損により、チロシンの異化が障害され、発生。

常染色体劣性遺伝。

 

 

≪全身症状≫

組織黒変。関節炎。ホモチゲンジン酸尿。

 

 

≪眼症状≫

黒変。20~30歳で発症。

 

 

≪治療≫

関節炎に対してのみ対処療法。ほかは未治療。

 

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…