アルカプトン尿症

≪病態≫ホモチゲンジン酸酸化酵素の欠損により、チロシンの異化が障害され、発生。

常染色体劣性遺伝。

 

 

≪全身症状≫

組織黒変。関節炎。ホモチゲンジン酸尿。

 

 

≪眼症状≫

黒変。20~30歳で発症。

 

 

≪治療≫

関節炎に対してのみ対処療法。ほかは未治療。

 

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…