アルカプトン尿症

≪病態≫ホモチゲンジン酸酸化酵素の欠損により、チロシンの異化が障害され、発生。

常染色体劣性遺伝。

 

 

≪全身症状≫

組織黒変。関節炎。ホモチゲンジン酸尿。

 

 

≪眼症状≫

黒変。20~30歳で発症。

 

 

≪治療≫

関節炎に対してのみ対処療法。ほかは未治療。

 

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…