ACTH単独欠損症

〔原因〕
不明であるが、自己免疫的機序が考えられている。
〔症状〕
低血圧・低血糖・低Na血症による意識障害、易疲労性、体重減少、食欲不振
〔検査〕
①CRH試験でACTHが無反応
②血中コルチゾール(尿中17-OHCS、尿中コルチゾール)などが低値を示す
③ACTH連続刺激試験で血中・尿中コルチゾールが増加
④インスリン負荷試験(健常者では低血糖によりACTH↑)で無(低)反応
⑤下垂体抗体や甲状腺自己抗体が陽性となる例がある
〔合併症〕
慢性甲状腺炎
〔治療〕
副腎皮質ホルモン(ヒドロコルチゾン)

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…