バクテロイデス感染症

無芽胞嫌気性菌による感染症。
好気性菌との複数菌感染が多い。肺化膿症の原因ともなる。
エンドトキシンショックを起こしうる。

[治療]
クリンダマイシン、リンコマイシン、アンピシリン・スルバクタム、セフメタゾール、
ピペラシリン・タゾバクタム、カルバペネム、メトロニダゾールなど

[補足]
歯科処置後や誤嚥性肺炎を疑う時には、嫌気性菌のカバーが必要であり、
ペニシリン性抗菌薬は有効である。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…