バクテロイデス感染症

無芽胞嫌気性菌による感染症。
好気性菌との複数菌感染が多い。肺化膿症の原因ともなる。
エンドトキシンショックを起こしうる。

[治療]
クリンダマイシン、リンコマイシン、アンピシリン・スルバクタム、セフメタゾール、
ピペラシリン・タゾバクタム、カルバペネム、メトロニダゾールなど

[補足]
歯科処置後や誤嚥性肺炎を疑う時には、嫌気性菌のカバーが必要であり、
ペニシリン性抗菌薬は有効である。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…