バクテロイデス感染症

無芽胞嫌気性菌による感染症。
好気性菌との複数菌感染が多い。肺化膿症の原因ともなる。
エンドトキシンショックを起こしうる。

[治療]
クリンダマイシン、リンコマイシン、アンピシリン・スルバクタム、セフメタゾール、
ピペラシリン・タゾバクタム、カルバペネム、メトロニダゾールなど

[補足]
歯科処置後や誤嚥性肺炎を疑う時には、嫌気性菌のカバーが必要であり、
ペニシリン性抗菌薬は有効である。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…