水泡性角膜症

角膜内皮細胞減少による角膜機能不全で、不可逆的な角膜浮腫を生じたもの。
レーザー虹彩切開術後や白内障手術をはじめとした内眼手術や外傷などで角膜内皮に障害を起こした場合に生じる。また、コンタクトレンズの長期装用によっても生じる。
視力低下と眼痛を主症状とする。
角膜移植や角膜内皮移植の適応となるが、再発することもあり、難治性である。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…