パラシュート反射

原始反射の1つで、生後8、9ヶ月から見られ、生涯消失することはない。
被検児を立たせ、前に倒れるように傾けると見られる。
倒れる方向に上肢を伸展させる。
側方や後方の場合も起きる。


この反射が見られない場合は、脳性麻痺や中脳の発達の遅れの可能性がある。

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…