パラシュート反射

原始反射の1つで、生後8、9ヶ月から見られ、生涯消失することはない。
被検児を立たせ、前に倒れるように傾けると見られる。
倒れる方向に上肢を伸展させる。
側方や後方の場合も起きる。


この反射が見られない場合は、脳性麻痺や中脳の発達の遅れの可能性がある。

注目の記事

網膜色素上皮

網膜色素上皮;retinal pigment epithelium: RPE: 色素上皮 視細胞のメンテナンスに重要な細胞で、いわゆるブルフ膜を基底膜とする単層の立方上皮細胞であり、相互間はtight …続きを読む…