ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナは、夏季に乳幼児に流行し、口腔粘膜に水疱疹をきたす感染症である。コクサッキーウイルスA群のほか、コクサッキーウイルスB群とエコーウイルスが原因ウイルスで、多くは予後良好である。

臨床像

  • 夏〜秋にかけて、主に4歳以下の乳幼児に好発する。(発症は1歳が最多である)
  • 突然の39℃以上の発熱に加え、前口蓋弓上端・口蓋垂などに両側性のアフタがみられる。
  • 解熱後7日ほどで治癒するが、アフタによる咽頭痛のため食欲が低下し、脱水症になることがあるので注意が必要である。
  • ヘルペス性歯肉口内炎とは異なり、歯肉炎は起こさない。
  • 手足口病とは臨床症状が類似しているが、手足口病では発熱がみられないことが多い点や、口腔前方・手や足にも水疱疹がみられる点で異なっている。

治療法

  • 原則的には特別な治療はせず対症療法のみを行う。基本的に予後良好だが、無菌性髄膜炎、熱性痙攣には注意が必要である。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…