糖尿病角膜障害

≪病態≫ 糖尿病患者の角膜知覚低下(三叉神経の機能低下)、涙液分泌減少(涙線機能不全)、上皮接着性低下(基底細胞の異常)に伴う、角膜上皮障害。角膜内皮細胞の形態異常も併存する。これはアルドース還元酵素の関与するポリオール代謝の亢進に基づくものと推測される。

≪所見≫ 手術後やレーザー後に生じやすい。点状表層角膜章、再発性角膜上皮びらん、遷延性角膜上皮欠損、角膜浮腫の遷延など。

≪治療≫ 血糖コントロールが基本。 血清点眼、治療用コンタクトレンズ、ヒアルロン酸点眼、アルドース還元酵素阻害薬点眼などで、上皮の修復を促す。

注目の記事

網膜色素上皮

網膜色素上皮;retinal pigment epithelium: RPE: 色素上皮 視細胞のメンテナンスに重要な細胞で、いわゆるブルフ膜を基底膜とする単層の立方上皮細胞であり、相互間はtight …続きを読む…