マッソントリクローム染色

目的
膠原線維を選択的に染めることで、アザン染色と同じ目的である膠原線維と筋線維を染め分ける特徴をもつ。
核をヘマトキシリンで染め、細胞質を赤く、膠原線維を青く染める、3色染色とよばれる。核がヘマトキシリンで染まっているか否かで得られる情報の差は大きく、迅速に染まることと同時にこの染色の特徴である。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…