マッソントリクローム染色

目的
膠原線維を選択的に染めることで、アザン染色と同じ目的である膠原線維と筋線維を染め分ける特徴をもつ。
核をヘマトキシリンで染め、細胞質を赤く、膠原線維を青く染める、3色染色とよばれる。核がヘマトキシリンで染まっているか否かで得られる情報の差は大きく、迅速に染まることと同時にこの染色の特徴である。

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…