天疱そう

≪病態≫ 血中抗表皮細胞間自己抗体によってひき起こされた炎症によって、表皮内に水疱ができる疾患。 瘢痕形成はなく、予後良好。40~60歳に多く、日本人には少ない。

≪症状≫ 口腔粘膜びらんにはじまり、突然皮膚に水疱が生じる。 15%に慢性結膜炎。

≪検査≫ Nikolsky現象 陽性。

≪治療≫ ステロイド局所投与。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…