天疱そう

≪病態≫ 血中抗表皮細胞間自己抗体によってひき起こされた炎症によって、表皮内に水疱ができる疾患。 瘢痕形成はなく、予後良好。40~60歳に多く、日本人には少ない。

≪症状≫ 口腔粘膜びらんにはじまり、突然皮膚に水疱が生じる。 15%に慢性結膜炎。

≪検査≫ Nikolsky現象 陽性。

≪治療≫ ステロイド局所投与。

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…