天疱そう

≪病態≫ 血中抗表皮細胞間自己抗体によってひき起こされた炎症によって、表皮内に水疱ができる疾患。 瘢痕形成はなく、予後良好。40~60歳に多く、日本人には少ない。

≪症状≫ 口腔粘膜びらんにはじまり、突然皮膚に水疱が生じる。 15%に慢性結膜炎。

≪検査≫ Nikolsky現象 陽性。

≪治療≫ ステロイド局所投与。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…