モロー反射

原始反射の1つで、妊娠34、36週から現れ、生後5、6ヶ月に消失する。
被検児を検者の手の上に仰向けにのせ、児の頭を突然にわずかに離し落とすと、この反射が見られる。両腕が外転、伸展し、手掌は開く。泣くことも時折ある。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…