モロー反射

原始反射の1つで、妊娠34、36週から現れ、生後5、6ヶ月に消失する。
被検児を検者の手の上に仰向けにのせ、児の頭を突然にわずかに離し落とすと、この反射が見られる。両腕が外転、伸展し、手掌は開く。泣くことも時折ある。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…