モロー反射

原始反射の1つで、妊娠34、36週から現れ、生後5、6ヶ月に消失する。
被検児を検者の手の上に仰向けにのせ、児の頭を突然にわずかに離し落とすと、この反射が見られる。両腕が外転、伸展し、手掌は開く。泣くことも時折ある。

注目の記事

頸椎症の方への注意点

頸椎症の方への注意点 首の骨(頸椎)が悪い人には、肩こり、頭痛、手のしびれ、手の力の低下などさまざまな症状が出てきます。 首の骨が悪いと言われた人は、今より症状を悪くしないために、日常生活で次のような …続きを読む…