リーデル甲状腺炎

1896年,Riedelにより慢性硬化性甲状腺炎chronic sclerosing thyroiditisとして報告されたまれな疾患である.報告では橋本病(慢性甲状腺炎*)の1/50の頻度といわれる.病理学的には,小さな濾胞と濾胞細胞が散在し,その周囲が線維化で置きかえられている.線維化は甲状腺を気管や周囲の筋肉にしっかりと結合する.圧迫感から呼吸や嚥下障害,嗄声の症状を引き起こす.甲状腺腫は正常または腫大しているが硬く触知される.症状が重いときには手術摘除をする.橋本病との関係はいまだ明らかでない(Bernhard Moritz Carl Ludwig Riedelはドイツの外科医,1846-1916)

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…